専門学校で ウェブデザインの勉強をしました。
ウェブデザイナーになりたいと思っていました。
しっかり学校で勉強をして、それなりに知識を蓄えて、あとは技術を磨くだけ。
就職したら、下積みはあるだろうけれど、次第に自分のデザインを発表出来るに違いないと思っていました。

 

 就職先の会社で、新入りですから、下積みの作業から始まりました。
これが莫大なテキスト入力。
ものすごい量のテキストを、入力しなければなりませんでした。
気が遠くなるほどの量です。
でもこれをこなしていくことで、次第に自分のウェブデザインを作れるようになるのだからと、頑張りました。
膨大なテキスト入力はそのままに、フォトショで画像加工なども少しやるようになっていきました。
これで、自分もデザインを始められるぞという気持ちになっていたのです。
ところが、これが延々と続いていました。
下積みの仕事が、いまだに続いている状態に、疑問を感じるようになりました。

 

 このままでは飼い殺しにされてしまうのではないか?
こんな恐怖心を感じるようになってしまったのです。
自分でデザインをするためには、もはや独立しかないのでは?
こんな考えを持つようになっていたのです。

 

 本気で独立したいと思うようになったものの、金銭的な問題があります。
独立してたくさんの仕事が舞い込むわけではありません。
大きな金額の貯金を持っていない私としては、あっという間に食いっぱぐれるようになってしまいます。
独立資金さえあれば、今すぐにでも会社を辞めるのにという、妄想に取り憑かれてしまっていました。

 

 同じ専門学校を卒業した友人から連絡が来ました。
とても驚いたのは、会社を辞めると言い出したことです。
独立して仕事をするのだと言うのです。
お金は大丈夫なのかと聞いたところ、資金援助してもらえたと言うのです。
しかも相手はパトロンから。
パトロンとは何?って感じでした。
一度会って詳しく聞いてみることに。
その衝撃的事実を知りパトロンとは何かが分かった時、胸騒ぎを感じてしまったのです。